首にできるイボの種類とは?首イボができる原因と対処方法

「首イボ」は、誰にでもできる厄介なものなのですが、もしできてしまった時に、その原因がなんなのかを知ることと自分ができてしまった首イボの種類はどれなのかを突き止めることは重要になります。

たかがイボだと放置しておくと思わぬトラブルになったりすることもあるので、そうならないためにも首イボに対して知識を身に付けておくことが大事です。

首イボの種類について

首イボには大きく分けて2種類あり、どちらもイボには変わりないのですが、根本的に要因が全く異なります。

1つは「年齢や加齢によってできるもの」、もう1つは「ウイルスが原因によってできるもの」とあります。

年齢や加齢によってできる首イボは「老人性イボ」と呼ばれており、ウイルスが原因でできるイボと違い、人に移ることがありません。

肌の老化や水分不足、ターンオーバーの乱れなどが原因でイボができてしまいます。

しっかり保湿するなどのケアをすることにより、原因を改善することができれば、イボが増えることを抑えることができます。

ウイルスが原因によってできる首イボは、「ヒトパピローマウイルス」が体内に入り込むことによりできてしまうイボです。

ヒトパピローマウイルスは、感染性ウイルスのため、傷などがあればそこから感染していきます。

ウイルスに感染することにより首イボができ、そのまま放置しておくと他の部位に移ってしまったり、他人に感染する恐れがあります。

首イボができる原因について

まず首イボができる原因としてもっとも多いであろう原因が「加齢や老化」です。

先程も説明した通り、首イボは老人性イボと呼ばれています。年齢をいくにつれて出来てしまうことが多くあります。

これは加齢による肌の状態の変化が深く関係しています。

加齢になってくると肌の水分量や保湿が十分でなくなったりするため、イボが出来やすい環境になってしまい、乾燥した肌が擦れあい、その刺激によってイボができてしまいます。

特に首の部分は、上下左右に動かすことが多く、どうしても肌と衣服が触れあうことが多く、イボが出来やすい部位のひとつです。

もうひとつ首イボができる原因としてあげられるのが「紫外線」です。

紫外線というのは、肌を老化させ、劣化させてしまいます。

紫外線によってダメージを受けた皮膚は、メラニンの生成を増やすことになり、シミを作り出してしまいます。

そのシミが次第に大きくなり、最終的にイボになってしまいます。

特に首の部位というのは、紫外線を浴びやすく、首イボが増えてしまうこともあります。

他の首イボができる原因として

首イボができる原因として加齢や紫外線だけではなく、「肥満」や「ウイルス」なども原因にあげられます。

ウイルスが原因で首イボが出来てしまった時は、早めに医療機関に検診を受けるようにしましょう。

首イボというのは、対策や治療法はすでに確立されていますので、それらを利用することでイボの悩みを解消することができます。

関連記事