どのような方法で治療していくの?主な首イボの治療方法の特徴

首イボの治療は美容皮膚科、美容外科、美容クリニックなどで受ける事が出来ますが、どのような方法で行われるのか分からない人も少なくないでしょう。

そこで主な首イボの治療方法を紹介していく事にしましょう。

液体窒素冷凍療法

液体窒素をイボに押し当ててアプローチするなどして治療していく冷凍療法になります。

小さいイボを治療する時に適していて美容皮膚科、美容外科、美容クリニックなどでもよく採用されています。

そこで液体窒素冷凍療法の特徴を見ていく事にしましょう。

メリットは?

液体窒素冷凍療法は短時間で終わる点でしょう。

首イボの治療方法によっては少し時間がかかってしまう事もありますが、液体窒素冷凍療法は処置時間が短いので5分から10程度で終了してしまいます。

早く治療したい人は液体窒素冷凍療法を選ぶのがおすすめです。

痛みは?

液体窒素冷凍療法は基本的に麻酔を使用しないで行うのでイボの形状や皮膚の厚さによって痛みが少し出てしまう可能性があります。

しかし我慢する事が出来ないというわけではないのでそれほど心配する必要がありません。

また痛みが気になるようであれば医師に伝えるとすぐに対応してくれます。

治療費は?

液体窒素冷凍療法は基本的に保険適用となるので1000円程度で治療する事が出来ます。

イボの数が多い場合でも3000円程度で済んでしまうので経済的にもメリットになる治療方法と言えます。

炭酸ガスレーザー治療

炭酸ガスレーザー治療はイボに炭酸ガスレーザーを照射して治療していく方法になります。

イボの組織を焼いてすぐに除去する事が出来るので人気のある治療方法の一つです。

そこで炭酸ガスレーザー治療の特徴を見ていく事にしましょう。

メリットは?

炭酸ガスレーザー治療はイボに炭酸ガスレーザーを照射していく方法なのでピンポイントで処置する事が出来ます。

自然な仕上がりになるので傷跡が残る事がほとんどない点がメリットになります。

痛みは?

炭酸ガスレーザー治療は局所麻酔を使用して行うので治療中に痛みが出る事はありません。

またイボは小さい時は麻酔なしで行われる事もありますが、痛みが出ないように治療をしてくれます。

治療費は?

炭酸ガスレーザー治療は自由診療に分類されるので保険適用外になってしまいます。

それで一つのイボ治療で5000円程度かかってしまうので液体窒素冷凍療法と比較すると高額になってしまいます。

自分に適している方法で治療を受けよう

首イボが出来ている状態は人によって異なってきます。

主な治療方法は液体窒素冷凍療法と炭酸ガスレーザー治療になりますが、どちらが良いとは一概には言い切れません。

それぞれの特徴をしっかり把握して自分に適している方を選んで治療を受けてみるといいでしょう。

関連記事